あなたがカリフォルニアを旅行していると想像してみてください

あなたがカリフォルニアを旅行していると想像してみてください。そこを訪れるのは初めてです。あなたの英語力は初心者レベル。あなたは素敵な休暇にしようと決意しています。チェックインの際にあなたはこの旅で最初の屈辱を味わいます。フロントの誰もあなたの英語を理解してくれません。スマートフォンを活用し、図や矢印をたくさん描いて、やっと伝えたいことを理解してもらえました。あなたの部屋は海を見下ろす素敵な部屋です。美しい夕陽の景色にすっかり魅了されていました。

魔法にかかったかのように魅了された時間が終わると、あなたはすぐにレストランに向かいました。あなたは休暇で来ているのです。素敵な時間を過ごすためにたくさんお金を貯めてきたのです。あなたは最高の贅沢をしたいのです。

メニューが渡されました。何?1ページだけ?写真はなし?Aセット、Bセットの類いはないの?どういうこと?もちろん、全て英語で書かれています。

あなたの高校レベルの英語でメニーの意味をつかむことはできました。注文したのはカリフォルニアロール(せっかくカリフォルニアにいるので。しかし実はカリフォルニアロールはバンクーバーのシェフのトウジョウさんの創作なのですが)、そしてパスタボロネーゼ、なぜならあなたはイタリアンが大好きなのです。

ウエイターが注文を取っている間、あなたはテーブルの上に何が置かれているか確認します。ナイフとスプーンは箱の中ではなく、プレースマットの上に直に置かれてます。おしぼりはないので、洗面所で手を洗ってこなくてはいけません。テーブルには他にワイングラス、ウオーターグラスがあり、端にはキッコーマンとカリフォルニアの2種類の醤油、ディジョンのマスタード、塩、胡椒ひきなどが置いてあります。

カリフォルニアロールが初めに運ばれると、あなたはウエイターに生ビールのつもりでraw beer と注文しようとして、怪訝な顔をされます。あなたは改めて辞書で調べますが、やはり生はrawです。実はこの場合の生はドラフトビアで、raw beerとはならないのですが。最終的には理解しあえたのですが、このエピソードは次の飲み会のネタとして大いに使えるでしょう。

あなたはキッコーマンの容器に手を伸ばしました。いつも知っている方を選択しなくては。馴染んでる方が安全だから。

最初の一口を食べたところで、ウエイターが来てこう尋ねます。お料理にはご満足いただけていますでしょうか。あなたは喜んで、はい、と答えます。あなたのお皿は空になり、ウエイターはもう一杯ビールはいかがですかと、尋ねます。あなたはワインをデキャンタで、と言ってみました。と、再び彼の怪訝な顔。
デキャンタって何でしょう?ワイン用語でデキャンタはワインを移しておく容器のことです。またデキャンティングとは酸素化を促進させ、液体に澱が混じるのを防ぐため、瓶のワインを別の容器に移すことをいいます。日本でデキャンタと呼ばれているのは私たちがカラフェと呼ぶものです。これでまた次の飲み会で披露するアルコールにまつわる面白いネタができましたね。

あなたの胃はきゅるきゅると鳴っています。お腹が空いているのです。あなたのシャンティの”デキャンタ“はあなたの目の前にいるあります。ウエイターはグラスにワインを注いでくれます。そして厨房へと向かい料理を持って戻ってきます。皿はあなたの前にテーブルの端から5センチ離して置かれました。あなたは目を丸くします。ソースは???

日本と違い、海外でパスタはラーメンのようにではなく、パスタそのものとして提供されます。ソースは控えめです。実際カリフォルニアの人にチーズの入った緑の缶が欲しいなどと言ってはいけません。大笑いされます。ウエイターがテーブルにチーズの塊とおろし器を持ってきてその場でおろしたてのパルメザンチーズ、本物のパルミジャーノ レッジャーノをかけてくれるのです。

パスタをフォークに一巻きし、食べてみます。ウエイターはまた戻ってきてパスタが美味しいかどうか尋ねます。もちろん。

あなたはデザートにレアチーズケーキを頼んでみます。またまたウエイターの困った顔が。レアチーズケーキなんてものはないのですから。説明しようと試みますが諦めてしまいます。もうお腹は空いていません。

もう部屋に戻って寝る前にテレビを見る時間です。明日は長い日になるでしょう。

テレビをつけてチャンネルをかえていきます。リーザルウエポン4、ターミネーター、エイリアン、ミッションインポッシブル3、スタートレックファーストコンタクトそしてたくさんのホームコメディ。マツコも厚切りジェイソンも出てきません。ホワイ アメリカン ピープル???これらの映画はすでに観たことがあり、ホームコメディはアメリカンユーモアが理解できませんでした。

さあここまであなたは文化の違いやショックを経験しましたね。

明日がよりいい日になるということはないでしょう。

あなたはトランジットを使うことがあるでしょうが、何もかも英語です。

そしてネイティブの話し方は早い。レンタカーを借りようとしたら、まず制限速度はあなたの慣れているキロメートルでなくマイル表示だし。交通は日本と逆だし。そしてこれも、あれも、などなど。

これは旅行者の日常です。カルチャーショック、初めての状況そして自分が心地良く感じる場所から離れてしまうこと。

あなた自身がカリフォルニアに来ることを決めたのにです。あなたはいろいろ調べて何をしたいのか考えていましたが。

では役割を逆転してみましょう。

想像してみてください。オリンピックのためだけに来日する人のことを。彼らは一般的な旅行客ではありません。オリンピックがあるから来たのです。彼らは日本の文化や食事、風景には興味がありません。彼らは選手の両親や支援者、友達かもしれません。大使として国を代表して活動する誇り高い人達かもしれません。例えどんな理由があって来てるにせよ、日本について悪い印象を持たれないことが必要です。

オリンピックの期間に来日する可能性のある人々のプロフィール

競技者

国の代表団

選手の家族

選手のパーソナルサポーター

政府高官

スポーツ愛好家

メディアの人々とクルーたち

彼らが必要なのは

食事、

飲み物

交通

宿泊,観光

ツアーガイド

来日する人の大半が小学校でも高校でも日本語を学んだことなどないでしょう。外国人が必死で日本語を勉強する理由は日本人の彼女か彼氏が出来て、未来の家族に初めて会いに来るときのためなのです。日本語は日本以外では広く話されてはいません。

あなたには知っておくべき点が幾つかあります。北米では日本食レストランは大変人気です。しかしその多くは専門店ではありません。つまり同じ店で天ぷらも照り焼きも寿司も食べられるのです。

ほとんどの外国人はお寿司が日本における主食だと思っています。

ほとんどの外国人は寿司といえば生魚だと考えます。

あなたは耳にしたこともないでしょうが、アメリカにはノースアメリカロールというのがありどんな地元のレストランにでもあります。
BCロール
フィラデルフィアロール
ボストンロール

モントリオールロール
スパイダーロール

サーモンスキンロール
ニューヨークロール

スパイシーツナロール

ダイナマイトロール

タイガーロール

ドラゴンロール
レインボーロール
ハワイアンロール

キャタピラーロール
ラスベガスロール
クレイジーボーイロール

食物アレルギーをもつ外国人も多くいます。魚介類、卵、ピーナッツ、そしてMSGやアミノ酸とも言われる日本では好まれているグルタミン酸ソーダ。ほとんどの北米人はMSG 使用と聞くと顔をしかめます。というのも多くの人がアレルギーを持っていたり、敏感だったりするからです。

北米人はお子様メニューが好きです、

北米人はレストランでパン代を払うのを好みません。

多くの北米人はウエイターと会話するのを好みます。またほとんどの北米人はをファーストネームで呼びますか、あなたのスタッフはその覚悟がありますか?

北米人はメニーの内容についてよく質問をします。何がオススメですか?これはどのように調理しているんですか?これは辛すぎない?などなど。もしその料理についてあまり知らなかったら、あなたのスタッフは質問に答えられますか?

北米人は苦情に対して単に謝罪するのではなくその問題を解決してくれることを期待するのです。

北米人の多くは女性がホテルでベルボーイとして働くことを快く思わないので、チェックインやチェックアウトの時に自分でスーツケースを運びます。紳士としてあるべき姿だからです。

北米人の多くはフォーマルな外食のときは事前に予約する傾向にあります。彼らはレストランの外の列に並ぶのは好きではありません。

ひどい英語をあざ笑うサイトがネット上には多くあります。ウェブサイト上であなたが最も見たくないのは恐らくメニューを笑いものにされることでしょう。ルームサービスメニューもあなたのサインまで。グーグル翻訳ではなくプロの翻訳を頼まなくてはいけません。

北米人の多くはアイドリングを嫌がります。もしあなたの車がエンジンをかけっぱなしだったら憤慨することでしょう。環境を守ることを信念としているからです。

北米の多くは喫煙に反対です。カナダではバーでもレストランでも喫煙は違法です。もしあなたのレストランに禁煙席があるというなら完全に隔離された禁煙席であるべきです。禁煙席と喫煙席をオープンスペースに設けるなど笑い種です。煙は移動するのですから。

北米人の多くはカスタマ―と呼ばれることを好みません。

最も重要で大きな違いは北米人は食事のためには時間をかけますが、コーヒーはテイクアウトです。日本ではさっさと食事を済ませるのにコーヒーショップでは永遠に居続けますね。

北米人はミルクを飲みます。子どもの時からミルクをたくさん飲み、大人になってもコーヒーにはミルクを入れます。本物のミルクでミルクまがいのものでできた偽物のミルクではありません。北海道には素晴らしい農園があります。ミルクはコクがあっておいしいものです。北海道の牧場主たちを支援し、彼らの商品を売り込もうではありませんか。

準備は最も重要な成功のカギです。アスリートが何年もすべてを犠牲にしてトレーニングを行い,練習を積み実力を発揮してきたようにです。

彼らの目的は金メダル以外にはありません。

私達はスタッフに自分の仕事に最適なツールとそれらを提供するプロとしての義務があります。あなたの従業員はあなたの会社を代表しています。もしかれらの態度が悪いと思われたらあなた自身の評判をも落としてしまうのです。とても単純なことなのです。

もし悪いいニュースが広がってしまったら東京の素晴らしいホスピタリティーも致命的な打撃をうけるでしょう。

多くの国の政府はオリンピックでお金を失いますが民間企業はもしうまく立ち回ればその後も大金を稼ぎ続けられるでしょう。東京は次回オリンピックのホスト都市です。たくさんの人がオリンピックの期間中だけでなく前後の期間滞在することになるでしょう。
あなたにはお金が稼げるまたとない機会が待っています。見逃さないでください。他の競技者のように金メダルを目指しましょう。

Imagine you are traveling in California.

pexels-photo-30246Article by Denis Catroun

Imagine you are traveling in California. It is your first time there. Your English is beginner level. You are determined to have a fantastic vacation. Upon check in, you experienced your first frustration. No one at the desk was able to understand your English. With the help of your smart phone, lots of drawings and arrows you managed to get your point across. You have your room. A lovely room overlooking the Bay. There is a beautiful sunset and you are totally charmed by the scenery. 

 
Once the magic moment is over, you head for the dining room. This is your vacation. You have saved a lot of money to have a great time. You want the best. 
 
You are presented with a menu. What? Only one page? No pictures? No A setto and B setto? What is going on? Of course, it is written in English…
 
Your high school English helps you make sense of the menu. You order a California roll (after all, you are in California, even if the California roll was actually created by Chef Tojo in Vancouver) and a pasta bolognese because you love Italian food.
 
While the waiter is ordering your food, you survey what is on your table. Forks, knives and spoons are on placemats not in a box. There is no oshibori, you actually have to go and wash your hands in the washroom. The table setting includes a wine glass and a water glass. On the side, you see two soy sauce containers, Kikkoman and CaliSoybeans, Dijon mustard, salt and pepper mill.
 
The California roll arrives first, you right away ask your waiter for a raw beer, nama beer, he looks puzzled. You check your dictionary and yeah, nama is raw. Actually, o in this case is draft beer not raw beer. Finally he understands. You will have a great joke to tell at your next nomikai.
 
You reach for the Kikkoman container. Always go with familiarity. Familiar is safe. 
 
After your first bite, the waiter comes by and asks you if your California roll is to your satisfaction. You are happy to agree. Your plate is now empty, your waiter asks you if you would like another beer. You prefer a decanter of wine. Again, the puzzled look? What is a decanter? In wine language a decanter is a container that is used to decant a wine. Decanting is a procedure used to empty a bottle of wine into a container to accelerate its oxygenation and prevent the sediments from getting mixed with the liquid. In Japan a decanter is what we call a carafe. Another funny alcohol story for your next nomikai.
 
You feel the gurgling sensation in your stomach. You are hungry. Your “decanter” of Chianti is now sitting in front of you. The waiter is filling up your wine glass. He heads for the kitchen and comes back with your plate. He places the plate 5 cm away from the edge of the table, in front of you. You stare wide eyed???? Where is the sauce???
 
Unlike Japan, pasta served overseas is served like pasta not ramen. The sauce is used sparingly. Do not slurp it. It is incredibly rude to do that.
You frantically look for the cheese in the green canister. There is no green canister. In fact, do not tell people in California that the green canister contains cheese. They will laugh very hard.
The waiter comes to your table with a block of cheese and a grater and sprinkles freshly grated parmesan cheese, the real parmiggiano Reggiano.
 
You toss the pasta around and you have your first taste. The waiter comes back and inquires if your pasta is to your satisfaction. You agree.
 
You order a rare cheesecake for dessert. Another funny look from the waiter. There is no such thing as a rare cheesecake. You try to explain but give up in frustration. You are no longer hungry.
 
You are now ready to go back to your room and watch some TV before sleeping. Tomorrow will be a long day.
 
You turn on the TV and flip through the channels. Lethal Weapon 4, The Terminator, Alien, Mission Impossible 3, Star Trek First Contact and lots of sitcoms. No Matsuko. No Atsugiri Jason. Why American People????
You have seen these movies and as for the sitcoms you do not understand American humour. 
 
By now, you have had your fill of cultural differences and shocks.
 
It will not get better tomorrow
 
You will use transit, Everything is in English. Native speakers are fast talkers
You will rent a car, speed limits are in miles, you are used to thinking in Km. The good news, your car will be in miles. The traffic is opposite to Japan.
And so on, and so on, and so on….
 
That is a day in the life of a traveler. Culture shock, new situations and a break from our comfort zones.
 
You have chosen to come to California. Hopefully, you have done some research and knew what to expect. 
 
Let’s do a role reversal. 
 
Imagine someone coming to Japan just for the Olympics. They are not your typical tourist. They are following the games. They may have no interest in the culture, the food or the scenery. They may be parents, supporters or friends of the competing athletes. They may be proud citizens of their country who are acting as ambassadors.
No matter what their reason is, you should not let them go away with the wrong impression.
Some possible profiles of people visiting Japan during the OG
 
Athletes
Countries Delegations
Athletes families 
Athletes personal supporters
Dignitaries
Sports enthusiasts
Media people and their crews
 
They will need
 
Food
Beverage
Transportation
Accommodations
Sightseeing
Tour guides
 
The majority of the attendees would not have studied Japanese in Elementary or High School. Most foreigners study Japanese frantically because they get a Japanese girlfriend or boyfriend and usually just before the future in laws come to meet for the first time. Japanese is not widely spoken outside Japan.
 
A few things you should be aware of.
 
In North America, Japanese restaurants are very popular but for the most part they do not specialize. You can get tempura, teriyaki and sushi in the same restaurant.
 
Most foreigners think that sushi is the main food in Japan
 
Most foreigners think that sushi means raw fish
 
We have in North America rolls that you have never heard of let alone prepared in any restaurant locally. For example
 
BC Roll
Philadelphia Roll
Boston Roll
Montreal Roll
Spider Roll
Salmon Skin Roll
New York Roll
Spicy Tuna Roll
Dynamite Roll
Tiger Roll
Dragon Roll
Rainbow Roll
Hawaiian Roll
Caterpillar Roll
Las Vegas Roll
Crazy Boy Roll
 
A lot of foreigners have food allergies. The most notable ones are seafood, eggs, peanuts and MonoSodium Glutamate, also known as MSG, Amino san, a favourite in Japan. Most North Americans frown on the use of MSG and many have allergies and sensitivities to that product. 
 
North Americans like Kids menus. 
 
North American do not like paying for bread in a restaurant.
 
Most North Americans like to communicate with their server. Most customers will call their server by their first name. Is your staff prepared?
 
North Americans tend to ask questions about the menu? What do you recommend? How is this cooked? Is this too spicy? etc. Remember that the food may be unfamiliar? Can your staff answer questions?
 
North Americans expect a problem solving approach to a complaint not just an apology.
 
Most North Americans will be uncomfortable seeing a woman working as a bellhop in a hotel and they will lift/carry their own suitcases when checking in and out. It is the gentlemanly thing to do.
 
Most North Americans tend to make reservations for formal outings. They will most likely not sit in line outside the restaurant.
 
There are many sites on the net that mock bad English or Engrish. The last thing you want is your menu featured on such a website. That includes your room service menu and your signs. That means professional translators not Google translate.
 
Most North Americans despise idling. If your cars are left with the engine on, they will be very offended. We still believe in protecting the environment.
 
Most North Americans are against smoking. In Canada, it is illegal to smoke in bar and restaurants. If you claim to have a non smoking section in your restaurant, it better be a completely isolated non smoking section. Designating non smoking and smoking tables in an open space is really laughable. Smoke can travel.
 
Most North Americans would not appreciate being called Castama. 
 
A very important difference. North Americans take their time to dine but they pick up a coffee and go. In Japan, the custom is to eat in a hurry and stay forever in a coffee shop. 
 
North Americans drink milk. As children we drink a lot of milk and as adults we expect milk in our coffee. Real milk not imitation milk filled with milk like substances. Hokkaido has amazing dairy farms. The milk is rich and tasty. Why not support Hokkaido farmers and promote their products?
 
Preparedness is the key to success. Just like our athletes have spent years and sacrificed everything to train, practice and perform. Their aim is nothing less than the Gold.
 
We owe our staff the professional courtesy of providing them with the best tool to do their jobs. Your employees represent you. If they look bad you look bad. It is really that simple.
 
If you look bad, the word will spread. It is amazing how much social media and the internet have changed the way we do business. Complaints today have an international reach.
 
If the bad news spread, Tokyo’s reputation for outstanding hospitality will take a serious beating.
 
Most governments lose money during the games but private businesses make money and have the potential to make a lot of money if they play right. Tokyo will host the games, there will be a LOT of people here not just during the games but before and after too. You have a unique opportunity to make money. Do not miss out. Just like our athletes, Go for the Gold

Are you ready for the Olympics?

VR Interface: The future of Game, the future of Sales

 

28873520014_0ce3d9ed48_b

 

For those who never had the opportunity to organize an event, you have to know that it needs some nerve, some help of  friends and a Hugh amount of Coffee.  But this is not the subject. Doing event is just a way to expose your vision of the world. What you think it is or will become. How to change it.

In this case it’s about what “purchasing” a house, a car, playing games will mean in 5, 6 years. Will VR game just vanish, will you model your house, and walk in it before it’s build.

I found all the greatest guys in Tokyo, the better ones, some will not present on that day. but I am quite sure all of them will make history.

I choose to open in my blog the discussion about VR, in order for sure to promote this event, but also to exchange with “who may be involved”.

Let’s think that Internet is flat and all can participate to this debate, where ever they are.

But first lets have some view on what the Interface of the future will be.

 

Second Presenter: Go Akiyama (Presentation in Japanese)